とよだ歯科医院

MENU

審美治療

審美歯科

当院の「審美治療」では、補綴物(詰め物や被せ物)に質の高い素材を用いることで、口元の印象を美しく整えます。

白い色彩であることはもちろん、機能性も持ち合わせた素材を多く取り揃え、最適な治療プランをご提案いたします。

治療痕のギラギラした銀歯が気になるという方、キレイな白い歯で思い切り口を開けて笑いたいという方は、お気軽にご相談ください。

当院の審美治療の特徴

審美性と機能性を併せ持つ白い歯を実現

審美性と機能性を併せ持つ白い歯を実現

当院では、患者さまの歯の状態やご要望に応じた白い歯の素材をおすすめしています。

審美治療では、セラミック(陶器)製の素材を中心に使用し、仕上がりの美しさにもこだわって治療を行います。

事前にしっかりとカウンセリングを行い、素材のメリット・デメリットや予算などのご説明をしますのでご安心ください。

矯正歯科との連携でさらに美しく

当院では、より高いレベルの審美性を求める患者さまに対し、矯正専門医と連携した審美治療を行う取り組みも行っています。

具体的には、提携する矯正専門医のもとで矯正治療を行っていただいた後で、治療後の歯の色合いや形を整える審美治療を当院で行うというものです。
患者さまからご要望やご相談があった際には、詳しくご案内しています。

保険診療と自由診療のメリット・デメリット

虫歯の治療痕などを補う補綴物(詰め物や被せ物)には、保険診療と自由診療の素材があります。

当院では、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、患者さまに分かりやすくご説明しています。

保険診療の補綴物

メリット

  • 費用が安い
  • 製作期間が短い
  • 前歯など一部には白いプラスチックの素材を使うことができる(一般的にはいわゆる銀歯といわれる金属を使用)

デメリット

  • 使用できる素材や製作工程が定められていて、カスタマイズができない
  • 金属の素材なので目立つ
  • 金属アレルギーのリスクがある

自由診療の補綴物

メリット

  • 素材の種類が豊富で、カスタマイズが自由にできる
  • 白い素材なので見た目が美しい
  • 耐久性が高い素材もある
  • 金属アレルギーの心配がない(金属を使わない素材の場合)

デメリット

  • 費用が割高になる
  • 製作工程が多い分、期間が長くなる

ご相談はお気軽にどうぞ

096-368-8078

診療時間 9:00~12:30/14:00~19:00

院長ブログ
Facebook
SJCD
WEB予約
top