とよだ歯科医院

MENU

一般歯科(虫歯治療・根管治療)

一般歯科(虫歯治療・根管治療)

食べカスなどの汚れが歯の表面にたまると歯垢(プラーク)や歯石となり、そこで繁殖した細菌によって引き起こされるのが「虫歯」です。

将来1本でも多く健康な歯を残すなら、虫歯の早期発見・早期治療はもちろん、日頃からの予防もしっかり行っていきましょう。

当院の「一般歯科」では、できるだけ歯に負担をかけない、丁寧な診療を行っています。

当院の虫歯治療・根管治療の特徴

なるべく歯を削らない

なるべく歯を削らない

一般的な虫歯治療では、虫歯の部分を削り取って治療を行います。
しかし多くを削り過ぎると、歯に負担がかかり、将来的に歯が弱くなってしまいます。

そこで当院では、治療法を工夫してできるだけ歯を削らず、健康な状態で残せるよう心掛けています。

歯を削らないための治療
ドックスベストセメントによる治療

虫歯の初期であれば、虫歯菌を削らず、ミネラルで殺菌して治療する「ドックスベストセメント」という治療法を採用しています。
これはアメリカで開発された治療法で、すでにアメリカ歯科医師会で安全性が認められています。

できるだけ神経を残す

進行した虫歯になると痛みが生じるため、歯の内部にある神経を取る治療を行うのが一般的です。
しかし神経を取ると、歯の根が悪くなりやすく、割れやすくなる傾向があるので、当院では痛みを抑えながら、できる限り神経を取らない治療を行っています。

神経を取らないための治療
MTAセメントによる治療

「MTAセメント」とは、歯の根管部分にある患部を殺菌したり、歯の悪くなった部分を再生することができる新しい薬剤です。

MTAセメントを用いることで、神経を取ることなく根管部分を治療できるケースが格段に増えています。

質の高い根管治療

虫歯が進行し、神経が通っている歯の根の管を治療する「根管治療」。

高度な技術を要する根管治療においても、当院では再発リスクを抑え、できるだけ歯に負担をかけない治療を心掛けています。

根管治療
マイクロスコープによる治療

マイクロスコープ(歯科顕微鏡)は、最大約20倍まで患部を拡大して診ることができる機器です。

これまでの拡大鏡よりもさらに精度が上り、患部を照らす光量も大きくなったので、根管治療など細部の治療を行う際に優れた効果を挙げています。
また治療内容を録画することができるので、後の確認にも役立ちます。

ラバーダムによる治療

根管治療の際には、歯に装着するゴム製のカバーのような「ラバーダム」を使用します。

これによって根管内に細菌が入るのを防ぎます。

ご相談はお気軽にどうぞ

096-368-8078

診療時間 9:00~12:30/14:00~19:00

院長ブログ
Facebook
SJCD
WEB予約
top